小杉ちゃんガンバ!

アクセスカウンタ

zoom RSS ベトナムへ日本人1,000人?!

<<   作成日時 : 2014/08/04 15:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

   狩俣光永さんら日本人24人が乗り組んだ米軍タグボート=狩俣さん提供

ベトナム戦争:日本人1000人以上戦地へ 米軍に雇われ
2014年08月04日:毎日新聞。

 ベトナム戦争が苛烈を極めた1969年2月、日本の民間人24人の乗り組む米軍の船が、本土返還前の沖縄からベトナムへ向かった。その船で2等航海士だった男性が取材に応じ、いきさつを初めて詳しく証言した。ベトナム戦争では、ほかにも日本人が多数米軍の艦船や軍の下請けの民間船で戦地へ派遣され、死傷者も出た。しかし、詳しい記録はなく、全容は歴史の闇に沈んでおり、実態に迫るのは難しい。【平和取材班】

 証言したのは沖縄県に住む狩俣光永(かりまたこうえい)さん(80)。米軍タグボート(505トン、今の中型巡視船規模)の2等航海士として約3カ月間、戦闘などで動けなくなった艦船をベトナムからフィリピンやシンガポールのドックまで引く仕事をした。

 米軍との事前の約束で、危険な場所での作業はなかった。それでも、南部カムラン湾の港町で、機銃掃射する米軍用ヘリを目の当たりにした。どこに潜むか分からないベトコンへの威嚇では、と推測した。「怖いとは思わなかった。家族のために稼ぎ、必ず生きて帰る。そう思って、船乗りの仕事に打ち込んだ」

 沖縄の水産高校を出て、57年ごろ米軍基地に就職した。軍船での皿洗いから出発し、2等航海士などの資格を次々取得。那覇から近くの伊江島などへ物資を運ぶ船の船長を務めるなど、米軍に評価され、ベトナムでの仕事を任された。

  ◇

 他の船員は他界していたり、福祉施設に入っていたりで取材が難しいという。狩俣さんは何気なく言った。「本土からも、たくさんベトナムに行ってるぞ」

 当時の事情を知る関係者を訪ね、資料を集めるうちに、戦地派遣が想像以上の規模だったことが分かってきた。佐世保(長崎)や横須賀(神奈川)の米軍基地からも日本人が米軍船に乗り組み、総数は1000人を超すとみられる。米軍はベトナム戦争に全面介入した64年夏以降、日本人を本格的に雇い始めたようだ。高給を保証し、危険手当を含め通常の倍額を払ったとの記録もある。

 危険と隣り合わせだった実態も分かってきた。68年9月、軍の下請けの米民間輸送船がメコン川で攻撃され、中国人船員が死亡し、沖縄の船員が負傷した。

 関連記事

語り継ぐ戦争の記憶
<民間船>有事の隊員輸送 船員を予備自衛官として戦地に
<戦時中>徴用2500隻沈没 船員6万人死亡
予備自衛官ってどういう人たち?
<コラム>火論:ある“記憶遺産”=玉木研二
<民間フェリーが戦地へ?>船長は「南西諸島なんて誰も行かない」

============

 このニュースの見出しだけを読んだときには「毎日新聞のスクープか!」と思ったが、記事を見たら1969年の話だというのでちょっと拍子抜けした。日本人がベトナム戦争を「手伝っていた(!)」という話なら我々は昔から聞いて知っている。ただ、政府・官僚らはなんたらかんたら話を誤魔化して、「国民の知る権利」など「どこ吹く風」と言わんばかりに、「(表向き)主権者」たる我々に事実関係を明らかにして来なかったのである。
 毎日と言えば某記者の「米日密約」のスクープを「不倫事件」へと捏造・改竄された新聞社であるが、これには自称「法の番人」たる裁判所も捏造・改竄に全面協力して政府の走狗と化したことは我々の記憶に新しいところだ。
 それにしても「行政が(密約文書は存在しないと言っているのだから、あくまであると言い張るのなら)西山側がその存在を証明しなければならない」とは何たる言い草か!!

 この国の「三権」は既にその全てが腐敗・堕落し切っており、腐臭ふんぷんたる有様なのである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベトナムへ日本人1,000人?! 小杉ちゃんガンバ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる